2012年03月03日

ブログ開設

私は、学術文書の日英・英日翻訳を得意としている翻訳者です。主に、人文科学・社会科学系全般を中心としており、これまでに実務で扱ってきた分野は様々なものがあります。

過去に扱った分野の例を挙げれば、国際政治、経済、行政、歴史、環境、文学、宗教、芸術、文化人類学、心理学、哲学など多岐に渡っています。

具体的なテーマを挙げれば、戦後の日米関係、北朝鮮情勢、国際人道支援、行政改革、公共事業、地域経済、医療政策、公共交通政策、森林行政、歴史教科書問題、ナショナリズム、植民地統治、アフリカの呪術、イスラム教、演劇、日本的生産方式、女性の雇用、労働市場、日本の古代史や近世史、正倉院文書、江戸の舟運文化、京都議定書、自治体の環境問題対策、文学評論、ドイツ観念論哲学、科学哲学、日本の伝統芸能、比較文化、相対性理論、地震対策など、様々なテーマを扱った学術文書の主に日英翻訳を数多く手掛けてきた経験があります。

私は学術的な世界に非常に興味があり、学術文書や学術系の書籍を読むことが好きです。このブログでは、学術関連の書籍について書いていきたいと思います。

以前から本に関するブログを作ってみたいと思っていたので、特に学術分野をメインにしたブログとして開設しました。時事問題のノンフィクションや小説などいろいろと読みたい本がある中で、学術的な内容の本をコンスタントに読む機会を設けるという意味でも、このブログを活用していきたいと思います。
posted by 平井和也 at 03:54| Comment(0) | 読書 学術 書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Twitterボタン
Twitterブログパーツ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。