2012年03月09日

上田和夫著『ユダヤ人』

この読書ブログの2回目の書籍として、上田和夫著『ユダヤ人』(講談社現代新書)を選びました。私はユダヤ人の歴史やものの考え方、その独特の知性の輝きといったことに非常に興味があります。歴代のノーベル賞受賞者に占めるユダヤ人やユダヤ系学者の割合は非常に高いと言われることがしばしばあります。また、マルクスやアインシュタイン、フロイトをはじめとして様々な分野で大きな業績を残したユダヤ人は世界の歴史に永久に名前が語り継がれています。

一方で、ユダヤ人国家であるイスラエルは、国際政治の中では時にあまりにもやり過ぎだと批判されるような政治的、軍事的な動きを見せることがあります。折しも、イランの核開発が問題視されている目下の情勢下において、イランに対してイスラエルが奇襲攻撃を仕掛ける可能性が指摘され、世界のメディアや専門家の注目を集めています。実際、イスラエルは1981年にイラクのオシリス原子炉を空襲し破壊するという空軍の軍事作戦を実行した事例があるだけに、今回のイランの核問題に関しても、決して楽観できない情勢が続いています。

『ユダヤ人』という本は講談社現代新書から出版されている本で、今は講談社現代新書は装丁が新装されていますが、私が持っているものは1964年4月創刊当時の古い装丁のものです。この本自体も最初に出版されたのは1986年です。

M00266386-01.jpg

さっそく、内容に入っていきたいと思います。ユダヤ人というと、2000年の流浪の民であり、迫害に次ぐ迫害の歴史を通ってきた民族として知られています。バビロン捕囚、出エジプト、古代ローマ帝国の支配、ディアスポラ、シャイロック、ポグロム、ナチスドイツによる大虐殺、イスラエル建国といったキーワードが誰のイメージの中にも浮かんでくることでしょう。

本書には、そういうことについて一通りの記述がありますが、その中でも、私にとって特に強く印象に残ったポイントについて、以下に紹介したいと思います。

ローマによる支配によって世界中に離散したユダヤ人たちはイベリア半島に逃れますが、15世紀にスペインをカトリック教国にしようという動きの中で異端審問が始まり、スペインを退去するように通告が出されます。ユダヤ人は隣国ポルトガルに逃れますが、そこでも異端審問が行われ、一時的な避難場所にすぎませんでした。そこで、さらにギリシア、トルコ、北アフリカ、イタリア、オランダなどに避難します。その中で、オランダではユダヤ人にとって比較的信教の自由が保証されていたという点に注目しました。

当時のオランダは、貿易で国を興そうとしていたため、商業を得意とするユダヤ人にとっては好都合でした。オランダ最大の都市アムステルダムを中心として、経済発展に大きく貢献しました。ただ、かなり自由なユダヤ教の信仰を認められたユダヤ人の間では、ユダヤ教の伝統をあまりに厳格に実行したために、逆にユダヤ人の内部からもっと自由な考え方を希望する批判者が出てきました。その代表的な人物の1人が、哲学者のスピノザだったのです。

スピノザはアムステルダムのユダヤ人街で商人の息子として生まれ、敬虔なユダヤ教徒でした。彼はタルムードやカバラを学び、将来はユダヤ教のラビを嘱望されていましたが、ユダヤの神学だけでは満足できず、ラテン語を習得し、ギリシア哲学やスコラ哲学も学んだのでした。こうしてユダヤ教の境界を越えていったスピノザは、聖書は完全に人間が創ったものであり、ユダヤ人の連帯を強めることを意図したものだと主張しました。また、ユダヤ教の祭式や教えを無視し、キリスト教の会合にまで出席するという行動に出るようになり、1656年にはユダヤ教会から破門されてしまいました。彼はそれにも屈せず、名前をラテン語風に変えて、ハーグでキリスト教徒と過ごしましたが、彼自身はキリスト教徒にはならず、一時はハイデルベルグ大学に招聘される話もありました。ところが、それを断り、レンズ磨き職人として働いたのでした。しかし、結局、1677年に44歳で肺結核で亡くなりました。

オランダというユダヤ人にとって宗教信仰の面で比較的寛容な環境にあった中で、スピノザという異端者が現われたのは、皮肉と言えばいいのか、独特の展開が見られたんだなあと思います。

次に注目したのは、日本の帝国劇場で上演されて日本人にも親しまれた『屋根の上のバイオリン弾き』の話です。この作品は、ロシアのイディッシュ語(ユダヤ人の使う日常語)作家であるショレム・アレイヘムが書いた「牛乳屋テヴィエ」と「故国」という2つの物語をまとめたものです。物語の舞台は、帝政ロシア時代末期の1905年のアナテフカ(架空の地名)という寒村に暮らす5人の娘を持つユダヤ人である牛乳屋のテヴィエの一家を描いたものです。

このミュージカルを観た感想として、著者の上田和夫氏は三女の名前ハヴァがチャヴァとなっていたのには驚いたと書いています。ハヴァというのは、「創世記」の中に出てくる最初の女であるイヴのヘブライ語名であり、900回を超える上演回数を重ねながら、ずっとチャヴァで通してきたということでは、はたしてユダヤ人についてどれだけわかっているのかといぶかしくなる部分があるということです。また、「司祭」という呼び名を使っているのにも抵抗を感じたそうです。ユダヤ教の用語なのだから、ラビという言葉を使ってほしいと。

作者のショレム・アレイヘムは、非ユダヤ人にもよく知られており、ユダヤ人の間でも抜群の人気作家です。その理由としては、作品そのものが明るくユーモアに富んでいて、庶民的だからです。彼はイディッシュ文学史上、メンデレ・モイヘル・スフォリームイツホク・レイブシュ・ペレツと並んで、近代の三大古典作家の1人であり、「イディッシュ文学のマーク・トウェイン」と呼ばれている大作家です。1859年にウクライナのペレヤスラフという町で生まれ、本名はソロモン・ナフームヴィッチ・ラビノヴィッツといいます。その生涯も波瀾万丈で、1916年にニューヨークで最期を迎えました。当時、イディッシュ語新聞は「ショレム・アレイヘム死す」と大見出しをつけ、その2日後に行われた葬儀には1万人以上もの人たちが参列し、この偉大なユダヤ人作家を見送ったといいます。彼は子供たちに対する遺言を、次のような言葉で締めくくっています。

お母さんを大事にしてあげておくれ。お母さんの年齢を若くみせてあげておくれ。つらい人生を甘いものにしてあげておくれ。傷ついた心をいやしてあげておくれ。反対に、私のために泣かないでおくれ。反対に、喜びをもって覚えていておくれ。そして、最も大事なことだが、みんな仲よく暮らしておくれ。他人に憎しみを抱かないでおくれ。つらい時には助け合っておくれ。時々、家族の他の人たちのことを思い出しておくれ。かわいそうな人をいたわってあげておくれ。そして事情が許せば借金も、もしあるならばの話だが、払っておいておくれ。子供たちよ、誇りを持って、私がやっとのことで得たユダヤの名前を誇りを持って維持しておくれ。そして天の神さまがお前たちをいつまでも支えていて下さるように。

3つ目に注目したのは、19世紀にロシアでポグロムが激しくなり、東欧系ユダヤ人たちが新天地アメリカに渡った時の話です。当時、彼らの多くはニューヨークやフィラデルフィア、シカゴといった都市部に住み、小物を売り歩く行商人や小売商人となりました。また、タバコや皮、衣服生産工場の労働者や職人となる者もおり、当時はまだ労働に関する法律も定められていなかったため、極めて劣悪な労働条件の下での労働を強いられる状況でした。

しかし、彼らは東欧にいた時よりも自由で安全な暮らしをすることができました。新天地にもイディッシュ語を持ち込み、彼らのためにイディッシュ語の新聞や雑誌が発行され、演劇も上演されて、豊かな文化生活を享受することができたのでした。その中でも最も影響力が強かったのは1897年創刊の『フォルヴェルツ』(「前進」の意味で、英語名は『ザ・ジューイッシュ・デイリー・フォワード』)でした。この新聞の創立者の1人は、米国に移住し極貧から身を起こした社会主義者であり作家のアブラハム・カハンです。彼の『デイヴィッド・レヴィンスキーの出世』はニューヨークのユダヤ移民の出世物語として有名です。

この時期イディッシュ文学も発展し、特にこの分野ではモリス・ローゼンフェルドの名が広く知られています。リトアニア生まれの彼は、アムステルダム、ロンドンを経て、ニューヨークの「搾取工場」で働くかたわら、移民の悲哀やより良い生活を目指す闘いをテーマにした数多くの詩を書き、「労働の詩人」と呼ばれました。ローゼンフェルドの詩は1897年にハーバード大学のレオ・ヴィーナー教授の目にとまり、翌年『ゲットーの歌』(Songs from the Ghetto)というタイトルでヴィーナーによって英訳され、非ユダヤ人にも広く知られるようになったのでした。彼の他にも、多くのイディッシュ語プロレタリア作家や詩人が活躍しました。

こういう中で、東欧系ユダヤ人たちは働きながら子供たちを学校に通わせ、自分自身も夜学に通うのでした。学問を何よりも大事にするユダヤ人の息子たちは熱心に勉強し、授業料が無料だったニューヨーク市立大学がユダヤ系の学生で一杯だったといいます。

ユダヤ人の学ぶことに対する熱心な姿勢もさることながら、今日「地下鉄で通えるハーバード」の異名で知られているニューヨーク市立大学が当時から授業料無料という形を取って、学びたい人に対して門戸を開いていた姿勢にも心を打たれます。

4つ目に強い関心を持ったのは、「ユダヤ人の自己嫌悪」という概念についてです。

ユダヤ人に対する差別感情や反ユダヤ主義といったものは、ユダヤ人以外の人たちによって引き起こされたものですが、ユダヤ人自身が自分に対して憎しみを持つという側面もあり、それを「ユダヤ人の自己嫌悪」と呼ぶそうです。これは、ピーター・ゲイの定義によれば、「ユダヤ教を放棄するだけでなく、非難することによって、自分のユダヤ性の重荷から逃れたい激しい欲求」という意味になるそうです。この用語は1930年にユダヤ人の哲学者であるテオドール・レッシングが同名の著書『ユダヤ人の自己嫌悪』を出版したことで、一般に広まった言葉です。彼は大学生の時にプロテスタントに改宗し、その著書の中で、自分も含めて自己嫌悪に屈したユダヤ人インテリたちの分析的研究を行いました。ただ、このような感情は1870年代に既にハイネなどに見られるそうです。

この「ユダヤ人の自己嫌悪」について、上田氏は哲学者であるフッサールレヴィナスにまつわる次のようなエピソードを紹介しています。(改宗したフッサール夫人の元同胞に対する態度が、まさに自己嫌悪の裏返しになっている。)

フッサール夫人(プロテスタント)は、レヴィナスのいる前で、ユダヤ人を第三人称で語ったという。その口ぶりは、ほとんど軽蔑的であり、憎悪が含まれている。これを見て、フッサールはこう語った。
「レヴィナス君、気にしないでくれたまえ。私もユダヤ人の商売人の生まれでね……(沈黙)」

最後に、1870年代から1880年代にかけて反ユダヤ主義が台頭する中で1884年に起こったドレフュス事件というのは、ユダヤ人に対する本当に悪質で恐ろしい事件だったのだと実感させられます。

当時、フランス軍参謀幕僚でユダヤ人のアルフレッド・ドレフュス大尉がドイツ政府に軍の機密を売ったという容疑で逮捕されました。ドイツ大使館のゴミ箱から見つかり、フランス軍情報部に渡された無署名の手紙が、彼の筆跡だという主張が展開されました。間もなく参謀本部は、犯人はエステラージー少佐であることを知りましたが、貴族で将校である彼を糾弾することはできず、ドレフュスは公衆の面前で官位を剥奪され、終身刑で南米近くの悪魔島へ送られることが決定しました。民衆は彼に向って、「裏切り者に死を! ユダヤ人たちに死を!」と叫んだのでした。

有罪判決の後に情報部長となったピカール大佐は、上記の手紙はエステラージー少佐によるものであることを知り、それを補佐のアンリ大佐に告げましたが、アンリは軍の面子を考えそれを拒否し、ドレフュスに不利な証拠をでっち上げようとさえするのでした。さらに、アンリ大佐は上司にピカール大佐が有罪判決を妨害しようとしていることを告げ、それによりピカールは降格され、チュニジアに左遷されてしまいます。しかし、彼はその前に事実を弁護士に知らせ、さらにそれは上院の副議長にも伝えられました。

エステラージーは裁判では無罪になりました。すると、この事件は国を二分する事態に発展しました。1898年に作家のエミール・ゾラは大統領にあてた「私は弾劾する」という公開状を「オロール」紙上に掲載し、ドレフュスの無罪を訴え、政府と軍を糾弾しました。ゾラの行動が功を奏し、アンリ大佐は自殺し、エステラージーは自筆であることを告白したのです。

1900年にドレフュスは大赦を与えられ、その6年後についに無罪となりました。彼は少佐に昇格し、レジオン・ドヌール勲章を受けましたが、これは彼1人の問題ではなく、ユダヤ人全体の名誉の回復を意味していたのです。

このブログの最後に、『ユダヤ人5000年のユーモア』からユダヤジョークを1つ。

コッペルは、イスラエルから米国に移住したばかりだった。ニューヨークの街を歩いていて、赤信号なのに道路を横断したために、警官に呼び止められた。「『ドント・ウォーク』(歩くな)という信号が目に入らなかったのかね!」警官が怒鳴った。「いや、私はてっきりバス会社の宣伝だと思いました」

posted by 平井和也 at 23:48| Comment(0) | 読書 学術 書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
Twitterボタン
Twitterブログパーツ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。