2013年04月20日

小川和久著『もしも日本が戦争に巻き込まれたら!』

久々の読書ブログ更新ですが、今回選んだのは小川和久著『もしも日本が戦争に巻き込まれたら! 日本の「戦争力」vs. 北朝鮮、中国』です。

著者である小川和久氏は、国際変動研究所の理事長であり、現在は静岡県立大学の特任教授も兼任しています。本書は北朝鮮と中国の情勢に焦点を当てて、戦略論を展開しており、軍事や国際情勢について豊富な専門知識を持つ小川さんの主張にはたいへん説得力があると感じます。ほんの200ページ程度の本ですが、軍事や国際情勢に関する深く鋭いインテリジェンスが詰まっており、必読の1冊だと思います。

本ブログでは、北朝鮮編のポイントを以下にまとめてみました。

そもそも話の出発点として、北朝鮮は本当に脅威なのか? 新聞であれ、テレビであれ、官僚であれ、学者であれ、北朝鮮の脅威をいたずらに騒ぎ立てる者は「北朝鮮の手先」同然だ。多くの日本人はマスコミその他が流す北朝鮮脅威論に影響されて、恐ろしいと思い込んでいる。

日本国内で北朝鮮の脅威を煽れば煽るほど、日本国民はビビってしまう。そして日本人が北朝鮮を怖れれば怖れるほど、日本の北朝鮮に対する外交的な立場は弱くなる。すると、北朝鮮は労せずして外交的な優位に立つ結果となる。これは明らかに北朝鮮を利する行為だ。

日本の北朝鮮に関する議論は「木を見て森を見ず」になっている。世界という森の中で北朝鮮はどのような木として生えているのか。森いちばんの大木である米国、かなり大きな木である日本、あるいは周囲に生えている中国や韓国やロシアはどうなっているのか。そういう全体を見れば、北朝鮮は世界という大きな森の端っこに立つ貧相で枯れかかった小木にすぎないことがわかる。情緒的な脅威論に代わるべきは、北朝鮮の軍事的な現状を理性的な目で見て、その等身大の姿をつかみ、安全な国にしていくことだ。

では、北朝鮮の軍事力とはどんなものなのか? それは端的に言えば、「質より量」を重視したバランスの悪い軍隊で、特に陸軍が圧倒的に多くなっている。しかし、現代の戦争では、巨大な陸軍がいればどうにかなるというものではない。どんな陸軍でも、強力なエアカバー(空からの攻撃と支援)がなければ戦えない。

北朝鮮の航空戦力を見ると、大きな問題があることがわかる。現代の航空戦では、航空機を効果的に作戦行動させるにはまずAWACS(空中警戒管制機)が不可欠だが、北朝鮮は1機も持っていない。空中で長時間作戦行動するためには空中給油機も不可欠だが、これも1機も持っていない。

しかも、北朝鮮の作戦用航空機580機の90%以上は半世紀前の1960年代前後に旧ソ連で開発された代物で、旧式な上に整備状態も悪く、ポンコツだらけだ

その上、財政事情が悪く、燃料が買えないため、飛行訓練が十分にできない。北朝鮮空軍のパイロットは10年間に35時間しか飛べない、という亡命軍人の証言もある。対して、韓国空軍のパイロットの飛行時間は年間200時間以上、航空自衛隊でも150時間以上になる。トム・クルーズ主演の映画で有名になったトップガン(米海軍のエリート・パイロット)は年間400時間以上も飛行する。

北朝鮮空軍が朝鮮半島の制空権を維持できないことは、陸軍の作戦遂行能力にも大きく影響する。その陸軍は戦車の数でこそ確かに韓国の1.5倍だが、中身を見ると、「軍事博物館なみ」の旧式モデルのオンパレードだ。北朝鮮戦車の最新型は旧ソ連崩壊時に購入したT72を改良したもので、主力は旧ソ連が1962年に第一線に配備したT62戦車だ。さらに、なんと第二次世界大戦でドイツ軍相手に大活躍したT34まで顔を揃えている。

対する韓国陸軍の戦車は、国産のK1が1420両、ロシア製T80が80両、米国製M48が850両、M47が400両という陣容だ。120両ある在韓米軍のM1戦車は世界最強だ。

北朝鮮の海軍は、フリゲート艦3隻、潜水艦23隻、高速ミサイル艇など沿岸用艦艇387隻、魚雷艇173隻、哨戒艇166隻という陣容だ。大半は老朽化した小型艦艇で、現代の海戦を戦うシステムを持っていない。このように北朝鮮の軍事力は陸、海、空のどれをとっても韓国軍、米軍に大きく見劣りする。

さらに、実は我々日本国民は、北朝鮮の現実的な脅威に対して、その軍事的な暴走を抑止する極めて効果的なシステムを既に2つ持っている。1つは日米同盟で、もう1つは国連軍だ。

日米同盟の根本は、言うまでもなく日米安全保障条約だ。その第5条と第6条の内容を簡単に言えば、「もし北朝鮮が日本を武力攻撃すれば、米国はその攻撃を米国に対する攻撃と見なして北朝鮮に反撃する。そのような事態を想定する米国は日本に駐留する」ということになる。

続きを読む
posted by 平井和也 at 19:19| Comment(0) | 読書 学術 書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月07日

黒田龍之助著『はじめての言語学』

今回の読書ブログのテーマは、黒田龍之助著『はじめての言語学』です。著者である黒田龍之助氏は、スラヴ語学、言語学を専門とし東京工業大学助教授、明治大学助教授などを経て、現在はフリーランスの語学教師をしているというユニークなバックグラウンドを持った人物です。

本書は、著名な言語学者の学説や専門用語を使わずに言語学について解説している点が大きな特徴と言えます。言語学について説明する場合には、ソシュールやチョムスキーといった言語学者の学説を中心に語るのが普通ですが、本書では書籍の紹介の中で簡単に触れているだけで、言語学の解説には専門用語は全くと言っていいほど出てきません。

全部で第6章まである中で、第2章で解説されている言語学にとっての言語とは何かというテーマについて、以下にまとめてみました。

人間が言語を使用する目的はお互いにコミュニケーションをとることだ。では、言語学でいうコミュニケーションとは何なのか? 一言で言えば、コミュニケーションとはメッセージを伝えることである。

このメッセージを伝えるという意味では、言語以外にも、例えば、身振りや話し方といったものもメッセージを伝えているわけであり、コミュニケーションと考えることができる。言葉によらないコミュニケーションもある。ジェスチャーや表情といった動作、抱き合ったり握手したりする行動、相手との距離、服装や身につけている装飾品や化粧品、肌の色、室内の照明や温度など様々なものが考えられる。

こういったものの中には、無意識のうちに発しているメッセージもある。話し方や服装などは、本人にはそのつもりがなくても、相手がある印象を受けるものだ。つまり、コミュニケーションには意図的なものと非意図的なものとがあり、そういうものを総合的に判断しながら、人間はメッセージを送ったり受け取ったりしている。

その中でも、言語は特別な位置を占めている。では、言語とは何か? 言語とは、記号の体系である。

では、言語学でいう記号とは何か? 記号とは、何かを指示している代用物のことである。その中に言語記号というものがある。言語学では、言語記号について形と意味からできていると定義されている。

次に体系とは何か? 意味を持った音のかたまりである言語記号は、バラバラに存在しているのではない。バラバラだったら、コミュニケーションができない。言語記号が結びつく時には、法則がある。例えば、次の例文をもとに考えてみる。

久美子 は コンビニ で おにぎり を 買う。

この文は、語の並べ方を変えてもほとんど同じ意味の文がいくつかできる。

久美子 は おにぎり を コンビニ で 買う。
コンビニ で 久美子 は おにぎり を 買う。
おにぎり を 久美子 は コンビニ で 買う。

しかし、これらの文を次のように並べ換えると、意味不明になってしまう。

久美子 は おにぎり で コンビニ を 買う。
おにぎり は コンビニ で 久美子 を 買う。
コンビニ は 久美子 で おにぎり を 買う。

さらに、次のようになったらどうか?

で を コンビニ 買う は 久美子 おにぎり。

こうして見ると、言語記号を並べるには法則があることがわかる。それぞれの記号には決められた役割があるので、それを乱してしまうと、いくら一つ一つの言語記号にしっかりとした形と意味があっても、理解不能になってしまう。つまり、そこには体系があるということだ。

体系とは、一つ一つの要素が役割分担をしながら、全体としてまとまった働きをすることだ。

上の例文では、分かち書きをしたが、その場合、意味のまとまりごとに切っていく。つまり、文は意味のまとまりごとに分けられるのである。

この意味のまとまりである語は、どれも音からできている。上の例文の語をアルファベットで表わすと、次のようになる。

久美子 →k-u-m-i-k-o 6つの音
は →w-a 2つの音
コンビニ→k-o-n-b-i-n-i 7つの音
で →d-e 2つの音
おにぎり→o-n-i-g-i-r-i 7つの音
を →0 1つの音
買う →k-a-u 3つの音

まとめると、次のようになる。

文は語からできている。(第一段階)
語は音からできている。(第二段階)

続きを読む
posted by 平井和也 at 16:28| Comment(0) | 読書 学術 書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Twitterボタン
Twitterブログパーツ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。